男性

救命の為に必要なAEDの設置|今の時代だからこそ設置は大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

適切な救命救急が行える

心電図

長い目で見れば購入が有利

高齢化の影響により高齢労働者も増えてきた経緯もあって、AEDを導入することを検討する職場が増えています。従業員や来客、あるいは顧客などが急に倒れた場合に、AEDが設置されていれば、適切な救命救急が可能となることが最大のメリットです。AEDを導入する場合には、購入するパターンとレンタルするパターンが見られ、両者はコスト面で少々開きがあります。まず、購入の場合には、AEDには耐用年数が設けられており、使用できる期間はメーカーによって異なりますが、5年〜8年の一定期間内とされています。つまり、購入した場合でも、これを超える期限は使えないという特徴があるのです。一方、レンタルする場合、通常は4〜5年契約であることが多く、原則として消耗品費用はかからないという特徴があります。トータルコストで見ると、3年程度で買い替えるのであれば、購入でもレンタルでもほぼ同額のコストとされています。ただし、それ以上の期間を使用するつもりであるならば、購入の方が割安になるのが基本で、使用期間が長いほど割安感が増します。

付帯サービスにも注目

さて、AEDの導入を決めたら、メーカーやリース会社を選択していくこととなりますが、最も優先すべきは予算とAEDの使いやすさでしょう。低コストで使い勝手のよい商品を購入したり、レンタルすることが理想的ということになりますが、ここは慎重に比較する必要があります。各業者からカタログを取り寄せて相見積もりを取ったり、可能であるならば実演をしてもらうなどの工夫も行いたいところです。また、AEDのメーカーやリース会社の中には、付帯サービスとして定期的なメンテナンスを行ったり、講習のサポートが行われる場合もあります。AEDは1人でも多くの従業員が利用することができてこそ価値が高まるものですから、価格以外の付帯サービスにも注目すべきと言えるでしょう。

土の不純物を除く機械

工事

建設現場から出る大量の残土は、不純物が混ざっていてはそのまま処分できないため、手作業でより分けるなどの手間が必要になります。これを楽にしてくれるのが、自動で不純物をより分けてくれる残土処理用の機械です。残土を投入するだけでいいので、作業の効率化につながります。

More Detail

シーケンサー管理のために

基板

機械や設備の内部に使われているPLCは、複雑な動作をするためにも欠かせないパーツです。長く使っているとPLCも故障することがあるため、定期的にメンテナンスや修理を実施することが重要です。適正に管理することで、工場のダウンタイム短縮にもつながります。

More Detail

高速で高精度な溶接技術

金属加工

レーザー溶接はエネルギーをピンポイントに集中させることで、従来の溶接よりも高速かつ深い溶け込みを可能にしており、熱による変形が少ないというメリットがあります。炭酸ガスレーザーやYAGレーザーが実用化されています。

More Detail