シーケンサー管理のために|救命の為に必要なAEDの設置|今の時代だからこそ設置は大切
女性

救命の為に必要なAEDの設置|今の時代だからこそ設置は大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

シーケンサー管理のために

基板

意外とトラブルも多い

機械や設備の中に使われているモジュールの一つに、PLCと呼ばれるものがあります。これはリレー回路をソフトウェア化したもので、マイクロチップとプログラムで構成することで使いやすさを向上させています。メカニカルな構造ではないため破損などは起こりにくいのですが、それでも長期間にわたって使っているとトラブルも生じやすくなります。万が一PLCにトラブルが起きて修理が必要になると、機械や設備が動かなくなる恐れもあります。引いては工場の生産ライン全体がストップしてしまうこともあるため、定期的なメンテナンスや修理が重要になってきます。PLCにはプログラムが使われていますが、一般的なソフトウェアのプログラマーでは対応が難しいとされています。PLCを専門に扱う企業に依頼するとよいでしょう。

メンテナンスで機能を維持

正常にPLCの機能を維持するためには、一定の期間ごとにメンテナンスや修理を行うのが効果的です。壊れにくいPLCでも場合によっては傷むため、早めに修理しておいたほうがトラブルを未然に防げるからです。使っているPLCの寿命がわかっているのであれば、自社で修理を行うのもいいかもしれません。しかし設備の中に使われているPLCの数は、規模の大きな工場では膨大なものになります。それらの修理作業を社内で賄うのは大変です。そこでPLCの修理を専門に行なっている業者と契約して、定期的なメンテナンスをお願いするとはかどります。使われている場所や数を把握した上で必要な時期に合わせてメンテナンスしてくれる他、急なトラブルについてもすぐに駆けつけて修理してくれます。工場のダウンタイムを短縮するのに非常に役立ちます。