土の不純物を除く機械|救命の為に必要なAEDの設置|今の時代だからこそ設置は大切
女性

救命の為に必要なAEDの設置|今の時代だからこそ設置は大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

土の不純物を除く機械

工事

残土は不純物に注意

建物を建築するときには、最初に基礎を作るために地面を掘ることから始めます。掘り起こした場所にコンクリート製の基礎を埋め込み、その上に様々な構造物を設置していくのが一般的な作り方です。この時に問題となるのが、地面を掘り起こした時に生じる残土処理です。どうしても不要な残土が出てしまうため、業者に廃棄処分をお願いする必要があります。この残土処理の過程で注意点とされるのが、残土に不純物が混じっている時です。コンクリートの破片や木材などが混ざってしまうと、それは土ではなく産業廃棄物となってしまいます。産業廃棄物は当然ながら廃棄にかかる費用も高くなり、コスト増につながります。掘り起こして出た土は、処分を依頼する前に不純物をより分けておくことが大切です。

専用の機械で効率アップ

建築現場から出る残土には、土以外の不純物が混ざってしまうことがあります。それらは処分の前により分ける必要があるのですが、作業員が手作業で行うとなると余計な手間がかかることになります。こうした無駄な労務をなくすには、残土処理に適した機器を用いる方法があります。この機器は投入された残土に対して振動を加えることで、土とそれ以外の不純物へと自動でより分けるものです。作業員が行うのは残土を投入して機器のスイッチを入れるだけと簡単で、作動中は他の作業に従事できるため効率化にもつながります。残土をふるいにかける機器は、特定のメーカーから発売されています。使う頻度が多い建設会社であれば、用途に合わせてカスタム仕様を作ってもらうことも可能です。一方であまり残土処理を行わない企業であれば、レンタルで利用すると負担を抑えることができます。