高速で高精度な溶接技術|救命の為に必要なAEDの設置|今の時代だからこそ設置は大切
女性

救命の為に必要なAEDの設置|今の時代だからこそ設置は大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

高速で高精度な溶接技術

金属加工

エネルギーを集中

レーザーは波長の揃った光で、鏡やレンズでコントロールしやすく、ピンポイントに高密度のエネルギーを集中させることができます。この特徴を活かしたレーザー溶接は、精密機械など細かい部品の溶接に向いています。従来の溶接法に比べて高速で深い溶け込みが可能なだけでなく、全体に発生する熱量を抑えられるため、熱による変形が少ないというメリットがあります。レーザー溶接は歪が小さく高精度であることから、熱膨張率の大きいステンレス鋼の溶接法として人気があります。電子機器や医療機器などはもちろん、近年では自動車部品や発電機の溶接にも幅広く用いられています。またアーク溶接のメリットを取り入れたハイブリッド溶接の技術も開発されています。

溶接機の種類

実用化されているレーザー溶接には、炭酸ガスレーザーやYAGレーザーがあります。炭酸ガスレーザーはレーザーの伝送にミラーを使用し、大がかりな装置になりますが、高出力を得られるのが特徴で、厚さ10mm以上の厚板も溶接できます。YAGレーザーは光ファイバーでレーザーを伝送するため、装置をコンパクトにできること、ロボットアームなどの複雑な動きに対応できることが長所です。レーザー溶接の際には材料の酸化を防ぐため、溶接部分にアルゴンやヘリウムなどのシールドガスが吹き付けられます。なお銅やアルミニウムなど、レーザーを反射する材質を高品位で溶接するには、真空チャンバー内で電子ビーム溶接が行なわれることもあります。